2014年12月15日

雑談:「ミキシング」は音を殺すか

どうも、hakaruです!!もう、今年も二週間くらいですよ、はい!

もうそろそろ、部屋の大掃除をしろうと画策してるのですが、、、

何せ時間がない!!はい、嘘つきました

やる気がない!!の間違いでした

今年中にはやりますよ、今年中には(それなんてフラグ)

今日はちょっとまじめな話です

最近、サークルの方とお話ししていまして、その方がミキシング嫌いだったという話です

ミキシング、ミックスというのはいい意味でいうと調理前の素材(音素材)を音域とか音圧とか距離感を整理して聞きやすくするための作業です

悪くいうと「その音を削り不完全な状態に加工してしまう」ということです

とくに、ヴォーカルとかはめちゃくちゃ加工されているとおもいます

ピッチ修正で細かなずれを直し、音をつぶし前で目立つようにする(コンプレッサー)、その後、もこもこしたりキンキンしたりすのを調節し(イコライザー)、反響音(リバーブ)、跳ね返りの音(ディレイ)を加えるといった感じです、、

レンくんとかリンちゃんだと上の作業がものすごく激しくなります

じゃないと、たぶん聞きづらくなるとおもうんです

まったくミックスとかしていない音源をふつうの人に聞かせると

「ヴォーカル聞きにくい」「ヴォーカルへたくそ」「ヴォーカル何言ってるかわかんない」というか歌じゃなくねこれwww

とかいわれます(体験談、、というかヴォーカルのことしか指摘されない、、、)

ですから、僕は結構ミックスをガッツリやって全音源大なり小なり加工をくわえています

で、本題ですがその方曰く、音素材を加工してその音の本質を殺してしまうのではないかとのこでした

たとえば、ベースを加工するとすると

・コンプで深めに音をつぶして均一の大きさにする → その音のダイナミクス性(音の強弱)の喪失

・イコライザーで高音域をカットする → ベースの独特な軽さ、アタック感の喪失(ただし、スラップはそれを生かすためにあえて残す)

・イコライザーで150~300Hzの調節 → ベースの存在感、こもり感の喪失

とかうだうだやってるともとの音からどんどん遠ざかっていきます、これでは元の音がなにかわからない

ベース、バスドラとかはテンプレに沿ってるせいかあんまり変わんないですが、中音から高音をしめるギターとかピアノとかシンセとかえらく変わってきます

まあ、シンセは元の音とかは存在しない分いいんですけど、ピアノとか難しいです

メジャーとかでプロやってる人の曲を聴いても

ピアノ低音削りぎちゃう?とかコンプかけすぎちゃう?とか思っちゃうんですけど、きっとそれは僕の好みの問題です

実際、こう作業してるとたくさんエフェクトかけて、加工しちゃうんですけどどうも行き詰ってしまったときに

全部バイパスにすると加工前のほうがよかったとかありますし、決してミキシングで音が良いようになっているわけではないんですね、、

自身ヴォーカルなので声とかにはものすごく加工は気をつかいますがギターとかの加工はてんで適当です

だから、もしかしたらギターを殺してる可能性はあります

というか、何を生かして、何を殺しているかとかわかんないんですよ

ある人から見たら生かしてても、別の人から見たら殺してるのかもしれない

たまたま、ヴォーカルにみんな注意がいくので慎重になってるだけなのかもしれない、、

あと、あんまり「聞きにくい」とかいった意見をききたくないというのもあります

「音楽の内容に意見してほしい」というのもあります

一見、矛盾してますよね、曲を生かすために音を殺すみたいな

これ以上考えると変な渦に巻き込まれそうになるのでやめます、はい

ただ一ついえるのは「ミックスやってて楽しい」ってことです

未熟ながらもバラバラの音が一つの曲になっていく様は毎度うれしいことです

なので、たぶんガッツリミックスはこれからもやります

ばんばん加工します、殺すこともあります

僕自身半人前の青二才なので聞いてくださる方の耳には違和感もかんじると思いますが

今後もよろしくお願いします

P.S. お好み焼きのミックス玉食べたい





タグ:hakaru ボカロ DTM
posted by hakaru at 00:37| Comment(0) | 雑談 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。